【書評】1分でわかる「ブログ飯」。

こんにちは、ろい(@start_first_)です。

ブログを書くにあたって、参考にした方がいい本はなんだろう、、、といろいろなサイトを

見漁りましたが、ほとんどのサイトでオススメされていた本が、ブログ飯。

ブログを始めたばかりの自分が参考にできる部分が多かったので、

印象に残ったところをまとめてみました。

今の世の中、何がヒットするか分からないので、思いついたこと、感じたことはメモを取る必要があるとのこと。

自分が考えたアイディアだったり、体験 したことは、一般的には珍しいことのように思えなかったりすることもありますが、

外部にその情報を発信してみると、他の人からすると、珍しいものだったりすることもあるかもしれません。

その瞬間に自分が感じたことを記録し、ブログのネタとする為にも

僕はこの本を読んでからエバーノートでの記録、メモ帳へのメモは常に行うようにしています。

 

なぜ、何のためにブログを書くのか。

ブログを運営していく際に重要なポイントを2つ解説します。一つ目は「何を書くか」(テーマ)について、二つ目は「何のために書くか」(目的)についてです。

自分は、なぜ自分はブログを書くのか?

これは自分がこのブログを始める際に、一番最初に考えたことです。

僕の場合は、まずは自分の考えをアウトプットする練習をするためという理由でした。

この目的がはっきりしていないと、途中で挫折してしまう可能性が大いにあります。

テーマに関しては、最低30記事は書けるようなテーマを選ぶべきとのこと。

僕の場合は、ある程度テーマをざっくり2〜3決めて書いていくという方針を取っています。

今後どのようなテーマになっていくか分かりませんが、、、笑

 

思いやりが、文章力を向上させる。

文章力を向上させる最大の秘訣は「思いやり」だと、私は思うのです。

ブログでは難しい、専門用語は使わない。

難しい話でも小学生、中学生でも分かるレベルまで落として文章を書く。

優秀な人の特徴だと思うのですが、相手のレベルに合ったコミュニケーションを取る方が多いような気がします。

それと同じく、相手が理解できるような文章を書くことが重要なのですね。

 

自ら体験することが、ネタとなる。

経験したことは、いつか必ずネタとして、「飯が食えるブログ」の力になります。日常のあらゆることがあなたの力になるのです。だから、どんなことでも、とにかくやってみましょう。その体験から感じたもの、人に伝えたいものをメモしておく習慣を身に付けておきましょう。いつか必ず、役に立つときが来ます。

自分自身が経験してないことを書いても、薄っぺらいものとなってしまいます。

自分が経験したことがいずれ、自分の糧のなるので、どんなことにでも挑戦してみること。

そして、その時感じたことを記録する。

必ず場所には行かない、お店で普段頼まないような料理を注文してみる、、、

日常の小さなところからでも実行できる部分は多いのではないでしょうか?

 

まとめ

ブログ初心者が参考になる部分が、ブログを書く姿勢からテクニックまで

幅広く書かれています。

僕がこの本を読んで、特に重要だと思った部分はブログを書くマインドの面

小手先のテクニックだけでは、ブログを継続することも難しいですし、

読み手の感情を動かす文章を書けないでしょう。

その他、参考になる部分が多すぎる本でした。適度に読み返そう。

 

【書評】1分で分かる、人を操る禁断の文章術。

2018年4月17日

【初心者】ブログを開設するにあたって参考にした、たった1つの記事。

2018年3月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ろい

田舎の教師一家の長男として生まれ、東京に上京。 キラキラした社会人を目指すも、週末のため平日を耐え続けるサラリーマンになっていることに気づき、ブログを開設。 モヤモヤくすぶった気持ちに火をつけるような情報を発信していきます。