【経過報告】ブログを20記事書いた感想&PV数、収益は?

こんにちは、ろい(@start_first_)です。

気づけば、投稿したブログが20記事を超えていました。

「多分2〜3記事で終わるだろうな、、、」

「飲み会とかが急に入って諦めるんだろうな、、、」

・・・みたいなことも考えていました。笑

ブログ3記事目にして挫折しかけた自分を救った「継続」の名言。

2018.03.28

※こんな記事も書いていました。

ブログを20記事書いてみて、PV数感じたこと等をありのまま書いてみました。ブログ初心者の方であったり、20記事を書くとこんな感じなのね〜と感じていただければ嬉しいです。

ブログを20記事書いた結果(PV数、収益)

結論から言うと、20記事を書いた結果、PV数は約950PV、収益は150円ほど。

正直20記事に到達するまでは具体的な目標もなく、まず書いてみるということを意識していました。今後は記事のコンテンツや書き方であったり、SEOも意識した戦略を立てなければならないのかも。

今後は具体的な数値目標を設定し、ブログ運営することが必要だと感じております。

20記事書いた、リアルな感想。

「とにかく書く!」書かないと、何も始まらない。

ほんとにこの一言に尽きます。ブログを書いてみないと、自分の良い点・悪い点すら振り返ることができないという状態に陥るので、まずは書くことが大切。

まず何記事か書いてみることで、自分の文章のクセが見えたり、ブログ1記事にどのくらいの時間がかかるのかなど何となく見えてきます。

そして記事を書くにあたって苦労したのが、ネタ探し

そこで僕が意識していたのが「ターゲットを1年前の自分に設定し、その当時の自分が求めていた情報を提供しよう」ということ。

この方法だと比較的ブログのネタを探しやすかったです。

とにかく、「まずは手を動かしてみる。」に尽きます。

そしてネタは日常生活で感じたことを、どんどんメモしておく。

すぐにブログを書けるような日々の準備をしておくことも大切だと思います。

書評記事は、書きやすい!

ネタを探すのに苦労したと書きましたが、書評記事はネタ探し、

僕は普段Kindleで本を読んでいるのですが、ハイライト機能メモをした所を引用して、感想を書いていく、、、という作業が時間もかからず、書きやすかったです。

【感想】Kindleを1年使って感じた、メリット・デメリット。

2018.04.08

書評を記事にすることは、テーマ選びにも時間がかからないので、ブログのネタがないという方は書評から始めてみてもいいのではないでしょうか?

【書評】1分で分かる、人を操る禁断の文章術。

2018.04.17

【書評】1分でわかる「ブログ飯」。

2018.04.16

勇気を出して、他人に見てもらう。

ブログを友人であったり、第三者に見てもらうということは、自分の文章力などの向上モチベーションの向上にも繋がります。誰にも公開せず、自分の中で書き続けてしまうと、ブログが自分だけの日記と化してしまうと思います。

ブログを始めたばかりの方でも、「初心者だから自信がない、、、」と弱気にならずにどんどん公開した方がいいでしょう。(現に僕自身もまだまだなので、感想等あれば、メッセージいただけると嬉しいです。。。)

「SNS」を上手く使おう。

ブログを読者が見るまでに、さまざまな流入経路があります。

僕の場合、Twitterからの流入が多かったです。書評を書いたサイボウズSEOの青野さんや、尾原さんにブログ記事をリツイートしていただけたことでPV数がかなり増えました。

検索流入だけでは限界があるので、PV数を上げたい!となった場合はSNSを上手く使っていくというのも戦略の1つですね。

【書評】会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。

2018.05.02

【書評】どこでも誰とでも働ける。これからの時代で必要となる考え方。

2018.04.22

※積極的にTwitterの更新していくので、僕をフォロー(@start_first_)していただければ嬉しいです!

まとめ

20記事を書いてみての感想や、PV数などリアルな部分を書いてみました。まだブログを始めたばかりの方は、参考にしていただける点は参考にしていただきたいですし、既にベテランブロガーの方は、こんなときもあったな、、、と感じていただければと思います。

今後も可能な限り、経過報告もしてみようと思います。(ニーズはないように感じますが、、、笑)

お読み頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ろい

田舎の教師一家の長男として生まれ、東京に上京。 キラキラした社会人を目指すも、週末のため平日を耐え続けるサラリーマンになっていることに気づき、ブログを開設。 モヤモヤくすぶった気持ちに火をつけるような情報を発信していきます。