【書評】会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。

こんにちは、ろい(@start_first_)です。

会社員として働いていると、少なからず働くということに対して違和感を感じるもの。

 

そんな「違和感」に対してCEO自らが警鐘を鳴らしている会社が、

僕がとても好きな会社である、サイボウズ。

メイン事業のソフトウェア開発をはじめ、チームワーク事業や、ユニークな制度や働き方に関しても提唱、実現している企業です。

 

理念は「チームワークあふれる社会を創る」こと。

そんな、サイボウズCEOである青野さんの本です。

青野 慶久(あおの よしひさ)

1971年生まれ。愛媛県今治市出身。
大阪大学工学部情報システム工学科卒業後、
松下電工(現 パナソニック)を経て、
1997年8月愛媛県松山市でサイボウズを設立。
2005年4月代表取締役社長に就任(現任)。
社内のワークスタイル変革を推進し離職率を6分の1に低減するとともに、
3児の父として3度の育児休暇を取得。
また2011年から事業のクラウド化を進め、売り上げの半分を越えるまでに成長。
総務省、厚労省、経産省、内閣府、内閣官房の働き方変革プロジェクトの外部アドバイザーや
CSAJ(一般社団法人コンピュータソフトウェア協会)の副会長を務める。
著書に『ちょいデキ!』(文春新書)、
『チームのことだけ、考えた。』(ダイヤモンド社)がある。

引用:サイボウズHPより

タイトルからインパクトのある本ですが、

この本を読んで印象に残った部分を、ピックアップして書いてみました。

日本では「我慢レース」が繰り広げられている。

今日も日本の多くの会社では「我慢レース」が繰り広げられています 。これは何かがおかしい。

自分たちの人生をこの「会社というモンスター」に捧げ、毎日ストレスを抱え、不満に耐え続けている。この構造から抜けられない限り、楽しく働ける日は来ないのです。

働くこと=つらいこと我慢しなければならないこと。そう思ってしまうことはないでしょうか?

つらい仕事を耐え抜いて、せめてゆっくりする時間は欲しい。。。

「ワークライフバランス」という言葉があるように、仕事をプライベートを分けるという考え方は未だ根強いもの。

そのような価値観で生きているからこそ、多くの日本人は「ひたすら我慢する」、「我慢することから一時的に逃げる」、「何もしない」。

そのような行動を取ってしまっていると思うのです。

そして、その価値観はカイシャが作ってしまっているケースが多い。

自分の今やっている仕事を、どのように捉えているでしょうか?

もちろん、我慢することが悪い!とは一概に言えませんが、今自分がしている仕事は我慢なのか?その感情に対して今の自分はどのような解釈、行動を取っているのか考えてみるべきなのかもしれません。

 

報酬には、「お金」以外の種類がある。

自分がカイシャで得たい報酬は何なのか。お金以外の報酬に目を向けることができれば、楽しく働けるカイシャを選びやすくなるでしょう。だから、自分の夢をもっと意識して、細かく分析してみてほしいのです。

一人ひとりにとって、「得ることがうれしい」ものをすべて報酬であると定義するならば、他にもたくさんの種類の報酬があることに気づきます 。例えば「気持ち良く働ける仲間」も、大きな報酬です。一緒に働く仲間たちのことを信頼でき、一生付き合いたい友人になるのなら、どれだけ毎日を幸せに過ごせることでしょう。

報酬という言葉を聞くと、まず先に出てくる言葉は「お金」である人がほとんどだと思います。

考え方を変えると、報酬はお金以外にも「気持ちよく働ける仲間」であったり、「やりがい」であったり様々な種類があることに気づくはず。

いくらお金を沢山もらっても、毎日がストレスで溢れていたり辛い思いをしていると、幸福度が低いとケースもあります。そして、そのストレスを発散するために休日に散財、、、

そういった循環に自分が入っているとなった場合、本当に幸せなのでしょうか?(散財の為に生きているという価値観もありますが。)

自分にとって、報酬とは何かということを改めて再定義してみる必要がありますね。僕は、お金という報酬=「嫌なことを耐えた我慢料」となってしまうことは幸せに思えません。。。

 

カイシャに「違和感」を感じたときの試練。

カイシャに違和感を覚えるようになったときこそ、試練の瞬間です。 あなたがこの後も楽しく働けるかどうか、試されるときです。  そのまま流されるもよし、あがくもよし。どちらに行きますか?

論理的に考えると、大きく三つの選択肢しかありません。カイシャの夢に自分の夢を重ねるか、自分の夢に合うビジョンを持つカイシャに転職するか、自分の夢を実現する場所を新しく作るか。

どの選択肢を取るにしても、自分で選択して、自分で責任を取る覚悟が大事です。他人のせいにしているうちは、主体性から生まれる楽しさを享受できません。 自分で選び、自分で責任を取る。そうやってあがくのは大変ですが、自分の意思で人生を切り開くのは楽しいですよ。一度きりの人生ですから、悔いが残らないように自分らしい人生を歩みたいものです。

今自分がしている仕事に対して、少しでも何か違うな、と思った際に取るべき行動は決まっています。

自分がどのような行動をとるかは自分次第。もちろん責任も自分自身にあります。

割り切るのか、思い切って行動するのか。自分の人生の舵は自分で切った方が楽しいのではないでしょうか。

結局、自分で行動しない限り、自分を変えることはできないもの。

違和感を感じたと同時に、自分の違和感は具体的に何なのか?その解像度を上げていく必要性もありますね。

 

まとめ

この本を読んで、働くということを改めて考えさせられると同時に、

自分の中にある言葉の定義も重要思いました。

「働く」「報酬」「幸せ」、、、etc

その自分に密接に関わっているけど、具体的に言語化できていないものは、自分の自分のことばに直すとどのような言葉で表すことができるのか。

ただ、モヤモヤしているより、少しでも気持ちを晴らすために、考え、行動するべきなのでしょう。

僕もこの抽象度の高い言葉を再定義し、そして何を感じるのか。それは変わっていくものでもあるので、常に自分自身でそのアップデートも行わなけれなりません。

働く社会人はもちろんのこと、就活中の学生も一度読むべき本だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ろい

田舎の教師一家の長男として生まれ、東京に上京。 キラキラした社会人を目指すも、週末のため平日を耐え続けるサラリーマンになっていることに気づき、ブログを開設。 モヤモヤくすぶった気持ちに火をつけるような情報を発信していきます。