【書評】「沈黙のWEBライティング」から学んだブログ運営のエッセンス。

こんにちは、ろい(@start_first_)です。

ブログはどのように書けば、読者に伝わるんだろう。。。

とりあえず書いてみたけど、どうしたらもっと良くなるんだろう。。。

僕自身もそのようなことを考えながら、ブログを書いています。

伝わりやすい文書を書きたいと思っているので、ブログ本に関する本は何冊か読みました。

 

【書評】1分でわかる「ブログ飯」。

2018.04.16

 

さまざまな方がおすすめしていて、最近読んだ本が「沈黙のWEBライティング」

会話形式、絵が中心となっており、ストーリー形式でとても読みやすい本。文章の書き方からSEO、バスコンテンツの作成まで幅広いノウハウが散りばめられています。

この本を読んでブログを書く上での気付きがあったので、印象が残った点を中心に書いてみました。

 

「USP」を意識しているか?

USP(Unique Selling Proposition)とは、日本では「独自の売り」あるいは「独自の売りの提案」として知られるマーケティング用語です。 「独自の売りの提案」を簡潔にまとめたフレーズであり、マーケティングコンセプトを端的にまとめたものと言えます。

引用:USP(Unique Selling Proposition)とは|株式会社つくるひと

 

ブログを書く目的は人それぞれですが、たくさんの人に自分のブログを読んでもらいたい!と思った時に考えなければならないのが、この「USP」

簡単に言うと他の人にない自分の強みのことで、ブログ以外でもマーケティング等でも必要となってくる考え方。ブログのアクセスが伸び悩んでいる、、、という方はこのUSPが決まっていないという要因もあるのかもしれません。

読者目線から言えば、他のブログと変わりない記事が書かれているブログは見たいと思わないですよね。

 

このUSPを決めるためには、下の2つのポイントを軸に考えると良いようです。

 

①競合に真似されにくいこと

②競合と同じステージで戦わずに済むこと

 

例えば、「書評」を書くブロガーはたくさんいるかもしれませんが、「書評×マンガ×恋愛」のようにジャンルを絞って特化していけば、競合は少なくなります。

何か自分の強みであったり、他人が手を出さないようなジャンルを書いてみたり、特定の領域に深く特化するというものひとつなのかもしれません。(僕自身もUSPを考えているところです。笑)

このUSPが決まってくると、他のブログとの違いとなり、多くの方に見てもらえたり、他のWEBサイトで紹介されたりのメリットが出てきます。

 

分かりやすい文章の書き方。

分かりやすい文章を書きたい!文章を書いていると必ず一度は思いますよね。

そんな読者に文章を読んでもらうためには、次の3つのポイントが重要だと書かれていました。

 

感情表現を入れ、自分事化による”共感”を誘発する

②伝えたいことがきちんと伝わるよう、”見やすさ””わかりやすさ”にこだわる

ファーストビュー(冒頭文)で、伝えたいことをまとめる

 

それぞれについて、簡単に説明してみます。

 

①感情表現を入れ、自分事化による”共感”を誘発する

相手の感情を自分のことのように感じることが「共感」。自分事に感じることができないような文章は、見る気が失せてしまいますよね。

この共感を得てもらうためには、自分の感情を伝えることが必要です。

この本では「」(カギ括弧)を使うことをおすすめしています。実際に今回記事でも、「」使っています。(共感いただけましたか?笑)

カギ括弧以外にも、「絵文字」や「!」などの感嘆符を入れることで感情は伝わりやすくなります。

 

②伝えたいことがきちんと伝わるよう、”見やすさ”や”わかりやすさ”にこだわる

当たり前かもしれませんが、読者に伝えるため見やすいかどうかということが重要です。具体的にいえば、程よく改行したり、図式化するなどがあげられます。

文章のみで書かれているよりも、図解されているもの方が理解しやすいですよね。文章と挿入する図であったり、漢字を変換するか否かも含めて、考える必要があります。

僕も実際のところ、ブログを見る時や、読書のときなど、文章の一言一言をしっかり読まずに、さーっと流すように見ています。。。

そのような意味でも、パッと見て分かりやすいことが重要です。

 

③ファーストビュー(冒頭文)で、伝えたいことをまとめる

1番始めの文章で、一回何が書かれているかが把握できないと、話の構成がピラミッド型となり、最後まで読まないと結論が分かりません。

僕もブログで意識していることは、冒頭を読めばどんな記事なのかが把握できるようにすること。

ビジネスで話をするときと同じように、結論を最初に持ってくるということは大切です。

 

ブログタイトルの付け方、パターン10個。

ブログのタイトルに関しては、僕が今まで意識できていなかったこと。

クリックしたくなるような要素を含んだ、タイトルの付け方のカテゴリーが次の10つです。

  1. 自分事化
  2. 「自分の周り事」化
  3. 意外性
  4. 数字の威力
  5. 網羅性
  6. 即効性
  7. 代弁
  8. 結果
  9. 注意喚起
  10. 行動提案

ブログで多くのPV数を集める記事には、タイトルにも読みたくなるような工夫があります。

例えば、人気ブロガーヒトデさんの次の人気記事では、【4 数字の威力】が使われています。また、読者は新鮮な情報を求めているので、【2018年版】という文章も入っています。

【2018年版】超面白いおすすめ漫画ランキング111【名作からマイナー、話題作まで!】

10個それぞれの詳細については省略しますが、人気ブロガーの記事などを、この要素を含めて見てみると面白いのかもしれません。

 

まとめ

ブログを運営するなら必読の書と言われている「沈黙のWEBマーケティング」。

今回この記事でまとめた内容以外にも、SEOを意識したライティングや、どんなコンテンツがバズるのか?など学ぶことが多すぎたでした。

ブログを運営している方なら、一度見て損は絶対にない本です。僕も定期的にこの本を見直します。。。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ろい

田舎の教師一家の長男として生まれ、東京に上京。 キラキラした社会人を目指すも、週末のため平日を耐え続けるサラリーマンになっていることに気づき、ブログを開設。 モヤモヤくすぶった気持ちに火をつけるような情報を発信していきます。