【診断】ストレングスファインダーで分かった、自分の強み。

こんにちは、ろい(@start_first_)です。

日々仕事の中や友人と関わる際に、自分の強みってなんだろう?と思う場面に遭遇することはあるのではないでしょうか?

ぼーっと自分で強みについて考えようとしても、なかなか「これだ!」というものはでてこないはず。

そんな自分の強みが簡単に分かる本が「ストレングスファインダー」。

比較的有名な診断でもあるので、知っている方も多いのかもしれません。

僕がこの診断を受けたことで、自分の強みをある程度把握できるようになり、どのような場面でどのような行動をすれば、自分自身を活かすことができるのかをイメージすることができました。

僕がストレングスファインダーのテストを受けてみて、僕の上位5つの強みについてどんな資質なのかを書いて見ました。(僕がどんな性格なのか知ってもらう為の、ある種自己紹介にもなるのかも。)

そもそも、ストレングスファインダーとは?

ストレングスファインダー®は、アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発したツールです。Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができます。

引用:ストレングス・ラボ | ストレングスファインダーについて

ストレングスファインダーとは、自分の強みを34の要素をもとにしることができる診断テストのようなもの。

「さぁ、才能に目覚めよう!」という本を購入することで、テストを受けることができます。本を買うことで知ることができる資質は上位5つですが、課金することで、自分が1番弱い資質など34の資質全てのランキングがみる事ができます。

初対面の人でも、お互いストレングスファインダーを受けていると、なんとなく性格が分かるようになるのでアイスブレイクにもなりますね。

自分の強みを認識することが目的ではなく、強みを把握した上で日常生活の中でどのような行動をとっていくかということが本来の目的です。

僕の上位5つの資質

最上志向

「最上志向」の才能の持ち主は、多くの場合、他の誰も気づいていないときから人の才能や強みを見抜きます。強みは、 それが自分のものであれ他人のものであれ、彼らを魅了します。「最上志向」の人は、他の人が自分の可能性にワクワク できるようにサポートするのが好きです。周りの人が何を得意とし、どのような仕事に向いているかを見極める能力があ ります。彼らは人の才能と、完了すべき仕事をどのように結び付けるかを知っています。平均ではなく卓越していること が彼らの評価基準であり、それを追い求めています。品質を重視することで、自分や他の人の得意分野に焦点を当て、弱 点を管理します。

自分の資質で1番高かったものは最上志向

何か物事の平均以上をとろうと、努力することができる資質。

 

僕の考え方としては、自分が勝てると思えそうなフィールドで戦おうという傾向があったり、

自分以外の人にも自分の強みを活かして人生をより良く欲しい、と思う強い気持ちも持っていたので結果を見て納得。

イケハヤさんだったり、ヒトデさんだったり、ブロガーなどに最上志向の資質を持っている方が多いのだとか。

包含

「もっと輪を広げよう」というのが、「包含」の才能の強い人が人生の基本としている信念です。彼らは人々をグループ の中に包含し、その一員であると感じさせたいのです。部外者だと感じている人や正しく評価されていないと感じている 人に気付き、彼らに手を差し伸べてグループに参加させようとします。本能的に相手を受け入れることができます。「包 含」の才能を持つ人は、人種、性別、国籍、性格、宗教に関係なく、相手を批判することはほとんどありません。彼らの 「包含」という資質は、「人はそれぞれ違っており、その違いに敬意を払うべきだ」という信念に必ずしも基づいている わけではありません。むしろ、人は基本的に皆同じであるという確信に基づいています。人は、皆同じように重要なので す。ですから、誰一人として無視されてはいけないのです。私たち一人ひとりがグループに含まれるべきです。

仲間はずれを輪に入れてあげようという考えを持つ資質が包含。

僕は公務員家系というやや堅めな環境で育ちましたが、

過去の1人旅の中で、プロのバンドマンや、アクセサリーを自ら制作しながら世界を渡り歩く方、

ホームレスの方など様々な方にお会いし、世の中価値観は色々存在するし、捉え方次第で良くも悪くも捉えることができるなーと思ったりしました。その時から、偏見もなく、どんな人生のバックグランドがあっても1人の人間として接することができるようになったと思います。

そんな経験から包含が上位の資質に入っていたのだと思いました。

考え方、価値観が違うからと言って、排他的な対応にならないのも僕の特徴ですね。

 

活発性

「いつから始められますか?」というのは、「活発性」の才能の持ち主が繰り返し聞く質問です。「活発性」の才能が強い 人は、動き出したくてうずうずしています。分析が有用であるとか、ディベートや討論が貴重なアイデアを生み出すこと があると認めていても、心の奥深くでは、行動だけが本物であると感じています。決断が下されると、彼らは行動を起こ さずにはいられません。他の人は「まだわかっていないことがあるのに」と戸惑うかも知れませんが、「活発性」の才能 の持ち主は、これでペースを落とすことはないようです。彼らは決断し、行動し、結果を見て、さらに学びます。要する に、発言したことや考えたことによってではなく、実行したことによって判断されるということを、「活発性」の才能の 持ち主はわかっているのです。このことが心配の材料となることはありません。これが彼らの活力なのです。

活発性とにかく行動しないと気が済まないのが自分の性格です。家でじっとしていることがすごく嫌い。

常に、何か行動していないと自分がダメになってしまう気がして言います。

本を読んでみて、気分が行動しても「行動しなきゃ意味がない!」と自分にハッパをかける性格。

頭の中で考えるよりも、行動するほうが学びが大きいという志向です。逆にいうと、計画することが苦手。。。

 

着想

「着想」の才能が強い人は、創造力があり、独創性を認めます。ブレインストーミングやディスカッショングループな ど、自由に考えることを楽しみます。彼らは生まれつき、多様な視点から問題を考える能力があります。誰でも知ってい る世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに喜びを感じます。それによって人々は、その事柄を、意外な角度 から眺めることができます。型にはまらない考えを持ち、 新しいアイデアや概念に魅力を感じ、容易に思い付きます。 彼らは着想が大好きです。なぜならそれは深い意味があり、目新しく、明瞭で、逆説的で、奇抜だからです。これらすべ ての理由で、新しい着想が生まれるたびに、彼らにはエネルギーが電流のように走ります。

アイディアを考えるのが好き。自分だけではなくて、何か人に対して新しい気付きを与えることも好き。

型にハマった考え方だったり、枠に縛られた制約された状況が嫌い。

僕は日常生活の中でも、なるべく行ったことがない所に行ってみたり、普段は注文しないようなメニューを頼んだりなど日々の生活でアイディアだったり考えを生み出すためのタネを自らまいていることもしています。

 

適応性

「適応性」の才能が強い人は、その瞬間を生きています。将来をすでに決まっているものとは考えていません。そうでは なく、今選ぶ選択肢によって作り出すことのできる場所だと考えています。彼らは1つひとつ選択しながら将来を見つけて いきます。これは計画性がないということではありません。彼らの持つ「適応性」という才能は、たとえ状況が計画から 外れたものになっても、その時の要求に積極的に対応する能力をもたらしています。彼らは急な要求や予期せぬ回り道を 不快に感じたりしません。そうなることを予期しています。実のところ、彼らはある程度それを待ち望んでいます。彼ら は本質的に非常に柔軟で、状況によって一度にさまざまな方向へと引き込まれても、生産性を維持することができます。

今の選択が将来に繋がっているというところ。

将来のことをいくら考えても、どうなるか分からないから今自分ができることはなんだろう、今したいと思うことは何だろうと考えて行動しています。

今やりたい、やるべきだと思ったことに全力を尽くすことが自分の将来のためにでもあると思っています。

適応性というと、今いる環境に馴染める資質のような気がしたのですが、意外と異なるのですね。

 

まず、診断してみましょう。

自分の強みを把握することは、就活にせよ、仕事にせよ、人生をより良く生きる為に必要なこと。

もしかしたら、自分の強みを活かす事ができない環境にいるかもしれないし、日常生活の中でちょっとした工夫をするだけで自分がより生きやすくなるかもしれない。

そんな自分の分かるようで分からない才能を見つけるためにも、一度診断してみることをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ろい

田舎の教師一家の長男として生まれ、東京に上京。 キラキラした社会人を目指すも、週末のため平日を耐え続けるサラリーマンになっていることに気づき、ブログを開設。 モヤモヤくすぶった気持ちに火をつけるような情報を発信していきます。